ミラーカーテンが個人主義を超える日

ミラーカーテンなんかに手を出すべきではなかったでござるの巻